MacのtimeMachineで容量が一杯になってバックアップできない理由と対処法

パソコン

Time Machine(タイムマシーン)とはMacに組み込まれている自動バックアップ機能のことで、この機能を使うことで、写真やメールといった個人データを自動でバックアップしてくれます。

しかも、保存して容量が一杯になると古いバックアップデータから自動で削除してくれるんです。

この記事では、そんなTime Machineの容量が一杯になってバックアップができない時の対処法や保存容量を制限する方法について紹介しています。

MacのtimeMachineの容量が一杯になった時の対処法

MacのtimeMachineはデフォルト状態だと保存領域一杯まで容量を使うようになっています。
容量が一杯になるとバックアップを取ろうと思ってもできなくなります。

容量が一杯になった時の対処法としては3つあります。

①timeMachineのバックアップディスク空き容量を減らす(削除)
②クラウドサービスを利用する
③外付けHDDを購入する

それぞれ一つずつ解説していきます。

timeMachineのバックアップディスク空き容量を減らす方法

MacOSユーザガイドにもあるように、基本的にTime Machineのバックアップディスクが一杯になると、古いバックアップがTime Machineによって自動的に削除されて新しいバックアップ用の領域が確保されます。

ただ常にバックアップファイルの空き容量を作り続けてくれるわけではなく、“Time Machineの空き容量がなくなるまで”になるのでTime Machineの空き容量がなくなった場合は古いデータを削除するか、新しくバックアップディスクを用意する必要があります。

この部分の理屈だけを見ると半永久的にバックアップを取ってくれるから新しいバックアップディスクなんて必要なの?と思ってしまう人も多いと思うので注意が必要です。

その原因を簡単に説明すると消されるデータと消せないデータの差です。

TimeMachineはデフォルトの設定だと全てのバックアップを取ってしまうので必要のないものは削除するのがおすすめです。

Time Machineでは削除したい日時を選択したり、ファイル単位での削除が可能です。
メニューバーの時計アイコンから「Time Machineに入る」をクリックすると時系列のバックアップファイルが表示されるので日時を選択して削除するか、ファイル単位で削除したい場合は削除したいファイルを選択してから歯車アイコンをクリックして「バックアップを削除」を選択すれば削除が完了します。

MacのtimeMachineに必要な外付けHDDの容量は?

不要なバックアップデータを削除すると言っても限界がありますよね。
そんな時はMacOSユーザガイドの文字通り、新しくバックアップディスクを用意しましょう。

外付けHDDを選ぶ際のおすすめの保存容量ですが、基本的には内蔵HDDよりも大きな容量の外付けHDDを選ぶようにしましょう。

先程、容量が一杯になる原因として消されるデータと消せないデータの差について紹介しましたが、外付けHDDを選ぶ際には2回目以降にバックアップされる差分が重要になります。

例えば、オフィス系のファイルなど比較的容量の小さいファイルがバックアップデータのメインであればそこまで大容量のHDDは必要になりませんが、動画や写真などの思いデータを普段扱っている人は容量の大きいHDDがおすすめです。

単純に考えると容量が大きなHDDであればあるほど過去のバックアップデータが残っている状態となります。

個人的には予算内で購入できる容量の大きな外付けHDDを選択すれば失敗はしないかなと思います。

BUFFALOだと4TBで10000円以下の外付けHDDも普通にあります。

クラウドサービスを利用する

最近では、Time Machineのバックアップを使わずにデータは全てクラウド上で管理している人も増えています。

主なクラウドサービスを紹介すると「iCloudドライブ」「Google Drive」「One Drive」といったサービスですね。

このTime Machineのバックアップを使っていないとアンケートで答えている人の中にはクラウドサービスのみでバックアップを取っている人もいるようです。

もちろん、Time Machineと併用でバックアップを取っている人も多いです。
クラウドサービスを利用すればiPhoneでもバックアップデータが見れるなどメリットもありますが、コスパで言えばクラウドは月額制のサービスがメインなのでやはり今のところは外付けHDDのほうが上回っているかなと思います。

さいごに

MacのTime Machineで容量が一杯になった時の対処法を紹介してきました。
ちなみに通常のTime Machineだとハードディスクの容量が一杯になるのでバックアップを撮り続けてしまうので、バックアップにそこまでハードディスク容量を使うのは勿体ないと感じる人はTime Machineで保存容量を制限することもできます。

機会があれば保存容量を制限する方法も別記事にしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました