白髪をそのままにする女性&男性が増加!周囲の印象や白髪を染めない理由は?

白髪

今白髪をそのままにするという人が増えていますよね。理由としては人それぞれの考えがあるので私個人の意見としか言えませんが大きく分けてこのような理由が考えられます。

①経済的な余裕がない。
美容院等で白髪染めをするという方も多いと思いますが結構な出費になります。年金暮らしの世帯が多い今そのような事にお金を掛ける余裕がない。
これは大きな理由の一つでしょう。

②自分らしく生きていきたい。
これは今の時代の流れです。一昔前は「人に合わせるのが当たり前」という時代でしたよね。

みんながこうだから自分もこうしなければならない。
でも今の時代は違います。個人個人が自分の考え主張する時代です。
もちろん白髪染めもしないだなんて。と陰口を言う人もいるでしょう。でも「何それ?人は人。自分は自分」という考え方の人が増えているのも原因の一つではないかと思います。

白髪をそのままにする女性に対する印象は?

白髪をそのままにする女性に対する印象はやはり悪い印象を持つ方がほとんどでしょうね。おしゃれじゃないとか、お金がないとか、やっぱり女性と言うのはいつまでも若々しい女性に憧れるというのが根本的な考えです。

でも私個人の考えはちょっと違います。昔の女優さんのDVDを見ていただくとわかると思いますが、みんな白髪頭でも美しいですよね。あの人達には見ためとは違う上品さとかが備わっているのです。だからこそ年齢を重ねた美しさというものを表現できるのだと思います。

もちろん白髪を染めるというのは当たり前。という考え方も否定自体は出来ません。ただ、白髪をそのままにしていても綺麗な女性は年齢を重ねた女性特有の美しさがあるのでしょう。それはそれでとても素晴らしいことだと思います。

白髪をそのままにする男性に対する印象は?

白髪をそのままにする男性は、ある意味かっこいいという方も多いですよね。

ロマンスグレー」という言葉がありますが、男性は年齢を重ねると髪の毛が量が少なくなります。髪の毛を染めるという行為はそれを更に加速させてしまいます。

だからあえて髪の毛に「白髪染め」というダメージを与えないことによって自分の髪の毛を守っているという印象を受けるのです。

男性は歳を重ねると渋さが増してそれが魅力的に見えるというケースも多いです。変に白髪染めをして無理に若作りしている男性よりも白髪の手入れをきちんとしている男性の方がもてたりするのかもしれませんね。

白髪=男の勲章と言ったら言葉は古臭くなりますが、これだけ自分は苦労して頑張ってきたんだ。というのが白髪と言う物に現れている。そんな印象を持つ女性も少なくはないと思います。

白髪をそのままにする女性&男性が増えている理由

冒頭分にも書きましたが、今の時代「無理をしない」と言う人が増えているような気がします。

特に今は男女とも外で働くのが当たり前の時代。ストレスも相当にあるでしょう。そのストレスが白髪の原因になってしまうのは周知の事実です。

だからこそ、会社という縛られた社会から解き放たられた自由になりたい。人の目なんて気にしたくない。という方が増えているのではないでしょうか?

それに今は他人に対してあまり関心を持たない時代です。ご近所づきあいとかもなくなっている地域も多いでしょう。その分人に対して「見栄を張る」という必要がなくなっているんですよね。

自分に無理をしない=自分を飾らない人が増えていることも白髪染めをしない人が増えている要因の一つではないでしょうか?

【男女別】白髪をそのままにしたい人におすすめの髪型

ここからは白髪をそのままにする場合におすすめの髪型を男女別に紹介していきたいと思います。

女性編

女性はどうしても年齢と共に髪の毛がペタンコになります。なのでふんわりしたパーマヘアーがお勧めです。

もちろん体質的に髪の毛の多かったり、ロングへヤーの方は髪の毛をお団子みたいにして上にアップさせるといいと思います。
かえって白髪が目立つのではないか?という意見もあるかと思いますが、案外可愛く見えるものですよ。

着物を着ている人のヘアスタイル。あのヘアスタイルを真似したら確実に美しく見えます。昔は白髪染めなんてなかったですからね。

男性編

男性は、ちょっと長めのヘアスタイルがいいと思います。白髪だからいっそのこと坊主頭にと考える方もいらっしゃるかと思いますが、せっかくある髪の毛を坊主頭にしてしまうのはちょっともったいないです。少し長めにすると渋みも貫禄も出ますし、坊主頭よりも若々しく見えるでしょう。

まとめ

白髪染めっておしゃれなんですけどリスクも大きいんですよね。髪の毛に対しても経済的に対しても。ただ年齢を重ねたら白髪になるのは皆当たり前なんです。

昔はそれをなんとかごまかそうとする時代だったかもしれません。特にバブル時代はそうでしたよね。皆少しでもゴージャスに若作りして皆から注目されたい。若々しく見られたい。

もちろんその考えを真っ向から否定するつもりはありません。ただ、今のご時世は「自分らしく」というのが主流です。人に合わせるよりも自分の生き方を重視する。

白髪染めをしなくていいや。と思うのもそんな考え方の人が増えているからでしょう。
白髪も染めてないの?そんな時代はもう終わったんです。今はおしゃれも人それぞれで自由に楽しむ時代ですからね。

それに今はおしゃれなウィッグ等もでているからそっちの方が経済的にも安づくかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました