白髪が少ない人の特徴と多い人の特徴は?生活や食事習慣の違い

白髪

「最近、白髪が多くなってきた気がする…。」
「1本でも白髪を減らしたいけどどうすればいいのかな?」
などと悩んでいませんか?

そんな方に向けて、白髪が少ない人の特徴と多い人の特徴がハッキリと分かる記事を書きました!

すでに白髪で悩んでいる人はもちろん、これから食生活の改善を検討している人や白髪に関する基礎知識を知りたい人にも役立つ内容となっています。

本記事で紹介する「白髪の少ない人の生活や食事習慣」を実践すれば、初心者でも白髪に関する日々抱えていたストレスを解消できますよ!

記事前半では「白髪が少ない人・多い人の特徴」を、後半では「加齢や遺伝が原因の白髪は改善が難しいこと」を解説するので、じっくり読み込んでくださいね!それでは、どうぞ!

▼関連記事▼
白髪をそのままにする女性&男性が増加!その理由は?

白髪が少ない人の特徴(生活習慣や食事習慣)


さて、ここからは白髪が少ない人の主な特徴を3つ紹介していきます。

1. 栄養バランスの良い食事を心掛けている
2.紫外線をなるべく受けないように心掛けている
3. 睡眠時間をしっかり確保している

それぞれ1つずつ解説していきますね。

食生活が乱れていない

白髪が少ない人の特徴1つ目は、「食生活が乱れていない人」です。なぜなら、髪の健康を保つためには、バランスの良い栄養素が必要となるからです。

具体的には、たんぱく質やミネラル、ビタミンB2などを接収するように心がけましょう。しっかりと栄養を取っている人は、結果的に白髪が少なくなる傾向にありますよ。

白髪が少ない人の中には、たんぱく質はプロテイン、その他の栄養素はサプリメントで摂取している人も多いですね。ポイントはやっぱり続けて習慣化していることが大事ですね。

紫外線を避けている

白髪が少ない人の特徴2つ目は、「紫外線を避け続けている人」です。紫外線の影響と言えば、シワやシミだけではなく、白髪にも大きく影響を受けます。

なぜなら、紫外線は髪の毛に直接ダメージを与えるからです。ダメージを受けた髪の毛はキューティクル(髪の毛の外側にある保護膜のような組織)がはがれやすくなり、結果的にツヤがなくなる、パサつくなどのトラブルを発生させやすくなります。

帽子や日傘を活用して紫外線を避け続けている人は、統計的にみても白髪が少ない傾向にあるようです。最近では髪用の紫外線対策スプレーも販売されています。

十分な睡眠をとっている

白髪が少ない人の特徴3つ目は、「睡眠時間を十分にとっている人」です。なぜなら睡眠不足は、メラニン色素の生成に関して害を与えるからです。

具体的には7~8時間の睡眠をとれば、白髪のリスクを抑えることができます。睡眠時間を確保して、頭皮の健康状態もケアしていきましょう。

頭皮ケアをしている

白髪が少ない人は、頭皮ケアに力を入れている人が多いです。
特に、若い頃からヘアカラーを頻繁にしていた場合などは尚更です。

ヘアカラーに含まれている過酸化水素は、酸化を促しやすい成分でヘアカラーをした後の頭皮ケアを怠ってしまうと、この過酸化水素が頭皮に蓄積されていきます。

過酸化水素はチロシナーゼと呼ばれる黒髪を作る酵素の量を減らしてしまいます。
過酸化水素の蓄積を防ぐためにも普段の頭皮ケアはとても大事な習慣と言えるでしょう。

タバコを吸わない

喫煙と白髪に関しては、2つの研究結果があります。

喫煙者はタバコを吸っていない人の4倍以上白髪になる確率が高い。
参考:「Smoking and Gray Hair」(英国)

喫煙者はタバコを吸っていない人に比べて2.5倍若白髪になりやすい。
参考:「Smokers’hair: Does smoking cause premature hair graying?」(インド)

どちらの研究結果も「他の要因が関係している可能性はある」となっていますが、少なくともタバコを吸っていないことは白髪が少ないことに関係してくるでしょう。

喫煙は血流の悪化によって髪の毛への栄養が不足してしまう、ニコチンによって自律神経が乱れ女性ホルモンの分泌量が減少することなどが白髪に影響してきます。

正直これだけではないのですが、タバコに関しては百害あって一利なしと昔から言われているので白髪が少ない人にもタバコを吸わないといった特徴は出てくるでしょう。

白髪が多い人の特徴(生活習慣や食事習慣)

さて、ここからは白髪が多い人の主な特徴を3つ紹介していきます。

1.ストレスを溜めている人
2.食事習慣が乱れている人
3. 適度な運動ができていない人

それぞれ1つずつ解説していきますね。

ストレスが溜まっている

白髪が多い人の特徴1つ目は、「ストレスをため込んでいる人」です。なぜなら、ストレスは体の健康状態に大きく作用するからです。ストレスによる免疫力の低下により、メラニン色素の生成がうまく機能しない恐れがあります。そのため、活発な細胞の生産を促すためにも、ストレスを常に吐き出して、こころの健康状態も良好にしておくことが重要です。

食生活が乱れている

白髪が多い人の特徴2つ目は、「暴飲暴食などをする食生活が乱れている人」です。髪の毛の主な成分というのは、たんぱく質・脂質・メラニンです。そのため、特にたんぱく質を意識的に摂取する必要があります。しかし、食生活が乱れている人は、良質なたんぱく質を髪に送ることができません。そのため、ビタミンやアミノ酸といった成分などバランスの良い食事を心掛けることで、ハリのある髪を手に入れることができます。

運動をする習慣がない

白髪が多い人の特徴3つ目は、「運動習慣がない人」です。なぜなら、普段から運動をしていない人は、血流が悪い傾向にあります。となると、頭皮までの栄養の流れが良くないため、十分な栄養素を運べないという問題が出てきます。せっかくバランスの良い食事を心掛けたとしても、栄養が届かないのではもとも子もありません。身体全体の血流を良くするためにも、普段から適度な運動を心掛けましょう。

▼関連記事▼
白髪が生える場所と体調不良のサイン

加齢や遺伝が原因の白髪は改善が難しい

白髪の原因は主に以下の5つの原因があります。

1.加齢
2.遺伝
3.生活習慣
4.紫外線
5.ストレス

加齢

その中で、1つ目の原因である「加齢」に関しては、白髪の改善は難しいと言われています。なぜなら、白髪の直接的な原因は、加齢による”メラニン色素”の生成量が減ってくるからです。現在の研究結果から、加齢によるメラニン色素の低下は押さえることができず、加齢による白髪が一度大量に発生した場合、戻すことは困難であることを理解しておきましょう。

遺伝

また、2つ目の原因である「遺伝」についても同様で、白髪の改善は難しいです。メラニン色素が髪に浸透しにくい体質というのは遺伝による影響を受けるとされています。

今すぐできる改善策としては、「生活習慣・紫外線・ストレスの軽減」による方法です。

まとめ

今回の記事をまとめると、白髪の原因で今すぐ改善できることは、「生活習慣を見直すこと」「紫外線を避けること」「ストレスを軽減すること」です。

生活習慣は、美しく強い髪の栄養素を生成するために必要となります。紫外線を避けることで髪への直接的なダメージを軽減することが可能です。日々のストレスの軽減により、メラニン色素の生成を促して、結果的に白髪を押さえることができるようになるでしょう。

今回の記事を参考にして、1本でもあなたの白髪を抑制できれば嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとう御座いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました