ipadのセルラーモデルを、SIM契約しないでも購入できる販売店を紹介

家電

ipadには、Wi-Fiでネット接続するWi-Fiモデルと、Wi-Fi&携帯回線が利用できるWi-Fi&セルラーモデルの2種類があります。

通常ipadのセルラーモデルを購入する時には、docomo・au・SoftbankでSIM契約をして購入するのが基本となっています

ただ、中にはWi-Fi利用を考えてはいるものの、将来的な格安SIM契約なども考えて「とりあえずセルラーモデルのipadだけ買っておこうかな~。」と思っている人も多いと思います。

結論から言えば、SIM契約をしないでもSIMフリー版のipadセルラーモデルを購入することはできるのですが、購入できる場所は限られます

この記事では、SIM契約をしないでipadが購入できる販売店や注意点について紹介しています。

少しでも安く購入したいなら「イオシス」がおすすめ!
中古のipadはもちろん、ほぼ新品状態の新古品ipadなど、比較的安い値段でipadのセルラーモデルが購入できます。

スポンサーリンク

SIM契約しないでセルラーモデルが買えるお店


SIM契約をしないでipadのセルラーモデルが購入できるのは、今のところ2つのお店しかありません。

それが、Apple Storeipadを扱う中古ショップです。
それぞれの特徴についてまとめていきます。

Apple Store

Apple Storeでは、SIM契約をしないSIMフリータイプのipadセルラーモデルが購入できます。

なので自分で格安SIM業者と契約をすればセルラーモデルとして立派に使えます。

Apple Storeの注意点というか、デメリットとしては基本的に割引がないので定価でipadを購入しなければいけません

Apple Storeは全国に10店舗と数が少ないですが、オンラインショップもあるので通販で購入することもできます。

Apple Storeの店舗一覧はこちら

Apple Storeのオンライン通販はこちら

ipadを扱う中古ショップ

Apple Store以外でipadのセルラーモデルをSIM契約しないで購入するには、中古市場に出回っているSIMフリーのipadセルラーモデルを購入する方法があります。

ただ、中古市場に出回っているipadセルラーモデルなら何でも良いわけではありません

特にipadの中古相場よりも安いipadの場合は、ジャンク品の可能性があります。

例えばセルラーモデルのipadの中には「赤ロム」という状態の中古ipadが紛れている可能性があります。

赤ロムとは、中古の携帯電話の端末を指す俗称の一種で、割賦販売で購入された端末が支払い完了の前に中古品として流通し、その後キャリアによって利用停止にされる端末のことである。
最近の(3Gなどの)携帯電話端末は、SIMカードによって電話番号情報を管理しているものがある。SIMカードを差すことで通話・通信などのサービスを利用可能とすることができる。しかし、代金不払いによりキャリアから強制的に利用停止にされた端末の場合、キャリアによって端末ごとロックを掛けられてしまい、SIMカードを抜き差ししても利用できない状態になることがある。そのような端末が赤ロムと呼ばれている。

引用:赤ロム

このような中古ipadセルラーモデルを掴まされてしまうと、大損してしまうことになります。

信頼のおけないipad中古ショップや、個人売買のオークションだとこのような赤ロムを相場価格よりも安く販売して後々トラブルになるケースが後を絶ちません。

なので、SIM契約をしないでipadのセルラーモデルを購入する際には、Apple Storeもしくは信頼できる中古ショップで購入しなければいけません。

冒頭で紹介した「イオシス」であれば、年間販売台数40万台以上と販売実績も豊富!
しかも、赤ロムは当然の如く永久保証で未使用品なら6か月・使用済み品なら3ヶ月の初期不良や動作不良に関する保証が付帯しています。

赤ロム保証を実施している中古ストアはありますが、初期不良や動作不良の保証が3ヶ月の中古ストアはなかなかありません。

ゲオなど大手の中古ストアだと30日以内に連絡しなければ返品対応などはしてくれません。

ゲオのSIMフリー版中古ipadセルラーモデルはこちら>>

でも中古ipadが微妙なタイミングですぐに壊れることって多いんですよね。

なので、Apple Storeの定価よりは安く、でも保証は付いている。

そんなSIMフリー中古ipadのセルラーモデルを購入したい人にはイオシスの未使用品ipadとかがおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました