コミックレンタルが安いのはどこ?宅配/店舗/電子の漫画レンタル料金を比較してみた

コミックレンタル安い商品・サービス

「好きな漫画をサクッと読みたい」
「漫画を読むなら紙漫画に限る」
「買うほどじゃないけど、気になる漫画がある」

このような時におすすめなのが、コミックレンタルサービスです。

買うよりは安い料金で漫画が読めるコミックレンタルは、大きく分けると「宅配レンタル」「店舗レンタル」「電子書籍レンタル」の3つに分かれています。

この記事では、コミックレンタルの料金が安いのはどのサービスなのか?それぞれのサービスの特徴(メリット・デメリット)についてまとめてみました。

スポンサーリンク

宅配のコミックレンタルの料金が安いのは?

宅配のコミックレンタルで人気のサービスと言えば、「DMMレンタルコミック」「GEOコミックレンタル」「TSUTAYA DISCAS 宅配コミックレンタル」の3つになります。

下記の表は、この3大宅配コミックレンタルサービスで漫画を10冊~30冊レンタルした場合の料金になります。

サービス名10冊レンタル時の料金
DMM1冊115円 送料一律840円 1,990円(税込)
GEO1冊136円~ 送料無料 1,360円~(税込)
TSUTAYA1冊165円 送料1,320円 2,750円(税込)
サービス名30冊レンタル時の料金
DMM1冊115円 送料一律840円 4,290円(税込)
GEO1冊136円~ 送料無料 4,080円~(税込)
TSUTAYA1冊99円 送料1,650円 4,620円(税込)

このように料金を比較してみると、宅配のコミックレンタルで料金が一番安いのはGEOコミックレンタルになりました。

ただ、新刊漫画のコミックレンタルの品揃えが悪いといったデメリットや、136円~となっていて作品によっては1冊あたりのレンタル料金がもっと高いタイトルもあります。

例えば、この記事を書いている時に調べたところ、レンタルランキングの1位だった呪術廻戦は1冊あたり約154円でした。

▼関連記事▼
【ゲオ・TSUTAYA・DMM】コミックレンタルの新刊漫画レンタル開始日はいつから?貸出中の最新刊を無料で読む方法

補足も含めてそれぞれのコミックレンタルの特徴も紹介しておきたいと思います。

DMMレンタルコミック

料金:1冊115円(税込) 送料一律840円(税込)
レンタル期間:30冊未満14泊15日・30冊以上20泊21日
延滞料金:1日に付き1冊25円

DMMレンタルコミックは、以前まで1冊50円~80円ぐらいで借りられる最安宅配レンタルだったのですが、ここ数年は値上げが相次いで現在は1冊115円になっています。

ただ、30冊を超えるとレンタル期間が20泊21日に延びるので30冊以上の漫画をレンタルしてゆっくり読みたいという人におすすめです。

▼関連記事▼
DMM宅配コミックレンタルの評判や口コミはこちら

また、宅配コミックレンタルの中でも品揃えは一番です。
例えば、レンタル開始したばかりの新刊が借りたい場合や、借りたい漫画がGEOになかった場合や貸し出し中になっている時の代替えサービスとしてもいいですね。

品揃え豊富!料金も2番目に安い宅配レンタルコミック
DMMレンタルコミックはこちら

GEOコミックレンタル

料金:1冊136円(税込)~ 送料無料
レンタル期間:14日間
延滞料金:1日に付き1冊26円

コミックレンタルを安さで選ぶなら現在はGEOコミックレンタルがおすすめです。
ただ、品揃えに関しては若干他のコミックレンタルに劣るかなという印象です
王道コミックはあるのですが、最新の人気漫画や青年漫画系の品揃えが微妙なので、GEOの場合はまず読みたい漫画があるか?が重要になってくると思います。

さらにレンタルの人気ランキングに入ってくる作品だと1冊あたりの料金が高く設定されていることが多く、1冊あたりの料金が作品ごとに決まっているわけではないのでいちいち1冊あたりのレンタル料金を計算しないといけないのが面倒です。

旧作の王道コミックのレンタルが安い!
GEOレンタルコミックはこちら

TSUTAYA DISCAS

料金:1冊99円~165円(税込) 送料1,100円~1,650円
レンタル期間:20泊21日
延滞料金:1日に付き1冊55円

たくさん借りれば1冊あたりの料金が安いですが、その分送料が高くなっていく料金システムになっています。

レンタル料金と送料で1冊あたりのレンタル料金をざっくり計算すると最安で1冊154円なので他のサービスと比較すると高いかなと思います。

レンタル期間は長いので、たくさん借りれば・・・と思うところですが、1冊あたりの延滞料金がこれまた結構な金額です。

30冊借りて返却期限にギリギリ間に合わなかった場合、1,650円と考えるとうっかりさんにはおすすめできないかなと思います。

「1冊あたり99円!!」みたいな広告を見ると安いと思うかもしれませんが、まあわざわざ新規で加入する理由はそんなにないかなと個人的には思います。

スポンサーリンク

宅配コミックレンタルのメリット・デメリット

宅配コミックレンタルの全体的なメリット・デメリットについてもまとめておきます。

【メリット】
・自宅にいながら受取~返送までできるので何十冊借りても負担なし
・在庫状況はWEBで確認できるので、無駄足にならない
・電子書籍を買ったり借りるよりは料金が安い
・アダルトな漫画も堂々と借りられる
【デメリット】
・店舗で借りるよりは1冊あたりの料金が高い
・配送されて自宅に届くまでやや時間がかかる
・品揃えが良くないサービスもある

店舗のコミックレンタルで料金が安いのは?

店舗のコミックレンタルで人気のサービスと言えば、「TSUTAYA」「GEO」になります。

店舗のコミックレンタルも宅配と同様に料金を比較したいところですが、残念ながらTSUTAYAもGEOもコミックレンタルの料金は店舗ごとに設定されているので一律いくらという基準がありません

なので、実際に店舗で漫画をレンタルする際には、身近な店舗に問い合わせをして確認することをおすすめします。

ここでは、相場としてWEB上でレンタル料金を公開しているTSUTAYAやGEOのコミックレンタルの料金をいくつか紹介しておきたいと思います。

TSUTAYAの店舗コミックレンタル料金

TSUTAYA店舗でのコミックレンタルの料金を全国ランダムにサァ~っと検索してみたところこんな感じでした。

【TSUTAYA レイクタウン・青森中央・三木店etc..】
2泊3日:80円
7泊8日:100円

【TSUTAYA 和白店】
1泊2日:70円
2泊3日:90円
7泊8日:110円

【TSUTAYA 鎌田店】
2泊3日:88円
7泊8日:110円

【TSUTAYA 藤原台店】
・新作
当日:110円
1泊2日:121円
2泊3日:143円
・旧作
2泊3日:110円
7泊8日:121円

この他に10冊で料金が安いまとめ借りプランを導入している店舗もありました。
全ての店舗がレンタル料金を掲載しているわけではありませんが、下記のサイトで調べることができます。

TSUTAYA店舗でのコミックレンタル料金を調べる方はこちら

GEOの店舗コミックレンタル料金

GEO店舗でのコミックレンタルの料金は、TSUTAYAのようにWEB上で公開している店舗が非常に少ない・・・というか、ありません。

なので、実際にGEOの店舗に足を運んで料金表をTwitterなどにアップしてくれている人の情報をいくつか整理してみました。

情報は2022年や2021年とわかるものだけを集めています。

【情報①】
2泊3日:60円(税抜)
7泊8日:70円(税抜)
延滞料金:80円(税抜)
10冊7泊8日:600円(税抜)

【情報②】
7泊8日:60円(税抜)
延滞料金:80円(税抜)

【情報③】
2泊3日:60円(税抜)
7泊8日:80円(税抜)
延滞料金:60円(税抜)
10冊(7泊8日):600円(税抜)

【情報④】
2泊3日:70円(税抜)
7泊8日:80円(税抜)
延滞料金:70円(税抜)
10冊(7泊8日):700円(税抜)

【情報⑤】
2泊3日:80円(税抜)
7泊8日:100円(税抜)
延滞料金:80円(税抜)
10冊(7泊8日):700円(税抜)

こんな感じでした。
GEOはフランチャイズ店舗も多いようで、オーナーさんの試行錯誤がこの10円の料金差に込められていると思いながら見ると感慨深いものがありますね。

情報によると、都市部や駅近の店舗よりも駅から離れた国道沿いの店舗のほうがレンタル料金が安い傾向があるんだとか。

店舗ごとの料金は違うとはいえ、GEOのレンタル料金を見るとTSUTAYAよりは安いのかなと思いますね。

店舗のコミックレンタルのメリット・デメリット

宅配コミックレンタルの全体的なメリット・デメリットについてもまとめておきます。

【メリット】
・宅配や電子書籍レンタルと比べて料金が安い
・レンタル開始後の新刊も比較的置いてある
・宅配レンタルよりは取り扱いが多い
・送料がないので数冊でも気軽に借りられる
【デメリット】
・延滞料金が高い
・在庫検索はできるけど、実際に行ったらない場合もあり
・大量に借りると重くて返すのが面倒
・漫画タイトルによっては借りるのが恥ずかしい

電子書籍のコミックレンタルで料金が安いのは?

正直なところ、電子書籍のコミックレンタルは宅配・店舗の紙漫画とはジャンルが違うと思っております。

というのも、電子書籍のレンタルで読める漫画のジャンルはレディコミやBL/TL漫画が主流で、サービスの中に少年漫画や青年漫画もあるのですが「無期限レンタル」という謎のキーワードで結局購入するのと値段が変わらないんですよね。

だったら普通の電子書籍ストアのキャンペーンやポイント還元使ったほうが断然お得なわけで・・・。

▼関連記事▼
電子書籍サイトの初回割引クーポンやキャンペーン

と、個人的には思っているのですが、一応電子書籍のコミックレンタルサービスもあるので紹介しておきたいと思います。

電子書籍のコミックレンタルで人気の高いサービスと言えば、「Renta」と「コミックシーモア」ですよね。

Rentaとコミックシーモアの料金を比較するとこのような感じ。

サービス料金
Renta!1冊:100円~(キャンペーン時10円~)
コミックシーモア1冊:150円~(キャンペーン時5円~)

どちらが安い?と言われれば、通常時はRentaでキャンペーン時はコミックシーモアとなるのですが、Rentaやコミックシーモアでレンタルできる作品はキャンペーンとかで無料で読める作品も多かったりするので一概にどちらが安いか?よりも両方登録して安いほうで読むみたいなスタイルのほうがおすすめです。

Renta!のコミックレンタル

レンタル期間:1泊2日
レンタル作品数:20万冊以上

Renta!の特徴としては、電子書籍のレンタル作品が多いのですが漫画だけでなく小説や実用書、雑誌といったジャンルの電子書籍レンタルもできる点です。

コミックシーモアのコミックレンタル

レンタル期間:2泊3日
レンタル作品数:10万冊以上

コミックシーモアは、ジャンルとしては漫画だけになりますがレンタル期間がRenta!よりも1日長いです。

ただ正直なところ電子書籍のレンタルだと、読む時間ができればその都度借りる人が多いと思いますが、まとめて借りるとお得になるようなキャンペーンがあった時にはいいかもしれませんね。

電子書籍のコミックレンタルのメリット・デメリット

電子書籍のコミックレンタルの全体的なメリット・デメリットについてもまとめておきます。

【メリット】
・思いつきません・・・。何かありますか?延滞料金は発生しないとか?
【デメリット】
・レンタルできる作品が圧倒的に少ない
・料金が高い
・購入とレンタルの差が少ない

コミックレンタルまとめ

すいません、自分には電子書籍のコミックレンタルの魅力がわかりませんでした。
やっぱり一番大きいのは、紙本のレンタルと比較して作品数が圧倒的に少ないこと。

10万作品以上と言えば、聞こえはいいと思うのですがマイナー作品ばかりという点と、購入すれば90円の作品が70円でレンタルみたいな感じで全く魅力を感じません。

例えば、紙漫画だと400円とか500円の漫画が100円程度でレンタルして読むことができるのが大きなメリットだと思うのですが、電子書籍のレンタルだとそのメリットが全くありません。

有名漫画のレンタルがあれば話は変わってくるのですが・・・。

もちろん、電子書籍のレンタル作品の中にも面白い作品はたくさんありますが、そういった作品は普通にebookjapan・Amebaマンガ・DMMコミックといった大手電子書籍ストアのキャンペーンやポイント還元を駆使して買ったほうがレンタルよりも安いんですよね。

話は逸れましたが、コミックレンタルするなら紙漫画が圧倒的におすすめです。
コミックレンタルの料金が安いのはGEOの店舗ですが、店舗レンタルは延滞料金が結構えげつないです。

(もはや延滞料金で成り立っている気がするほど・・・)

借りる冊数にもよりますが、まとめて何十冊と漫画を借りたい時は宅配のコミックレンタルもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました